ガラスに関わる制度について

遮音対策(音環境)

遮音対策(音環境)とは

遮音対策は、快適な住まいには欠かせません。
住宅性能表示制度の遮音対策では、外部からの騒音をどのくらい遮断できるか、居室の外壁、開口部に 使用されるサッシやドアセット等の遮音性能を評価します。

・「音環境」に関することでは、下記の性能を高める対策の程度を評価します。

  1. 足音などの伝わりにくさ (重量床衝撃音遮断等級)
  2. 落下音などの伝わりにくさ(軽量床衝撃音遮断等級)
  3. 話し声などの伝わりにくさ(界壁の透過損失等級)

※「音環境に関すること」は、選択表示事項(オプション)なので、申請者が評価対象・表示対象とするか否かを選択することができます。

窓ガラスと遮音対策

実際に取り付けてみないとわからない窓ガラスの遮音性能。
立地や住環境によっては、適する遮音のレベルも違います。
三芝硝材では、各種防音ガラスを取り揃えておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

住宅性能表示を確保するメリット

・隣接する住宅との、騒音トラブルの対応も安心
騒音問題は、異なる家族間で起こると申告な問題に発展します。
評価を交付された住宅(評価住宅)は、万一トラブルが起きても「指定住宅紛争処理機関」が 迅速・公正に対応してくれるので安心です。

ページトップに戻る