ガラスに関わる制度について

省エネルギー対策(温熱環境)

省エネルギー対策(温熱環境)

住宅の断熱化などによる省エネルギーの程度を評価する項目です。
住宅性能表示制度では、暖冷房機器類を評価対象とせず、住宅の構造躯体の断熱・気密措置など、住宅本体の効果を評価対象としています。

評価レベルは4段階

住宅性能表示制度は、開口部の規定レベルを4段階に分けています。

等級4 エネルギーの大きな削減のための対策(法律の規定)による建築主の判断基準に相当する程度の対策が講じられている。
※法律の規定とは⇒省エネ法に基づき大臣が定める「省エネルギー基準」のこと。
等級3 エネルギーの一定程度の削減のための対策が講じられている。
等級2 エネルギー削減のための、小さな対策が講じられている。
等級1 その他。

※基準値の計算は、地域区分や延床面積等をもとに算出されます。

次世代省エネルギー基準

次世代省エネルギー基準1999年3月に経済産業省と国土交通省の告示により定められた基準で、「京都議定書」の中心となるCO2などの温室効果ガスの削減目標を具体化していくための基準です。
「省エネルギー対策(温熱環境)」のベースになっており、次世代省エネルギー基準をクリアしたガラスは、「省エネルギー対策(温熱環境)」の最高ランク等級4に相当します。

【地域区分について】
一つの県の中でも気候が大きく異なり、住宅に求められる省エネ性能との間にギャップが生じる所があった為、これまで都道府県単位だった地域区分が、より細分化され市町村単位になりました。

次世代省エネルギー基準

窓ガラスと省エネ対策

熱の通り道となる窓ガラスは、家の快適性を左右する大切なポイントです。最高レベル等級4を満たすガラスをお勧めします。
三芝硝材の(遮熱・断熱)複層ガラスは、全てレベル等級4の条件をクリアしています。

メリット

・快適、そして健康な住まい!
部屋間、室内上下の温度差が少なく、不快なすきま風が発生しないため、満足度が高い、快適な暮らしが実現できます。

・暖冷房費の節約!
昭和55年頃の住宅に比べ、暖冷房エネルギー消費量が減り、暖冷房費の節約になります。

・地球に優しい住宅!
高水準の断熱性・気密性を有するため、CO2の排出が減少。環境に配慮したエコロジー住宅です。

・住宅金融公庫等、融資の優遇!
平成11年4月より、公庫の割り増し融資(250万円)が適用され、基準金利と合わせてもっとも有利な資金融資が利用できます。

ページトップに戻る